〜  Friendship Adventures 〜
 中止について 


オンライン予約 |お問合せ瀬田川ラフティング| ウォーターチュービング |アクセス
トップページ



誠に残念ですが、下記の項目に該当した場合ツアーが中止となります。
 
全リバーツアー共通:

  ※ 基本的に雨天決行となっておりますが、下記の条件が1つでも該当した場合は誠に残念ですが、
  ツアーを中止とし、前日の17:00以降に弊社よりお客様へ電話連絡をさせて頂きます。
  また弊社の経験上、下記の説明を基準に早めに中止のご連絡をさせて頂く場合がございます。

1、瀬田川洗堰(水門)が全開放流となった場合
説明:
瀬田川は琵琶湖から流れ出る唯一の川です。また琵琶湖へは琵琶湖周辺の約300本の川から、
琵琶湖に水が流れ込みます。なので大雨続いた場合、琵琶湖の水位が一気に
上昇し、琵琶湖の洪水を防ぐため、瀬田川洗堰の水門を開け瀬田川に水を流します。
瀬田川洗堰はラフティングのスタート地点の約200mm上流にあります。

ポイント:
例えば5日前に台風が過ぎ、ツアー当日は快晴!という場合でも台風の影響で増水した琵琶湖の
水位を下げるため、水門(瀬田川洗堰)が全開放流となっている場合は中止となります。
通常、夏季は放流量が20トン前後ですが、全開放流の場合700トンとなります。
ちなみにラフティングが催行される最高放流量は300トンまでで、
ウォーターチュービング・リバーバギングは150トンまでとなります
放流量の確認は琵琶湖河川事務所をご覧下さい。 例)現在の洗堰放流量 150m/3 は150トンです。
※予期せぬゲリラ豪雨等で、当日に水量変更が行われ、当日に中止となってしまう場合もあります。
特に台風接近時や梅雨時期は水量変更が多くなります。
また、ツアー開催中の途中で水量変更の連絡が来た場合、一度陸に上がり、水量変更完了後に
再び川に入り、続きのツアーを行う場合がございます。その場合終了時間が遅延となります。
稀に極端な量の水量変更が行われる場合、ツアー途中でも中止となる場合がございます。

2、ツアー責任者が気象条件等により、ツアー不可能、また危険と判断した場合
大雨により瀬田川の状況が悪化した場合、例えば川への土砂崩れや流木が流れ込み、
通るルートが遮断された場合等、また災害発生の危険性があると判断した場合

3、大雨洪水警報がツアー開催場所周辺に発令され、弊社責任者が危険と判断した場合
注意報の段階では、放流量は弊社規定の範囲内であれば、ツアーは開催されます。
また気象庁の雨雲レーダー「ナウキャスト」で判断します。

その他:

瀬田川は洗堰(水門)がありますので、ゲリラ豪雨が来ても鉄砲水が流れて来る事は基本的には
無い川です。水門が開く時には必ず弊社に連絡が入りますのでご安心ください。
ちなみに洗堰は国土交通省の管轄となります。

  
雪山ツアー
1、雪不足の場合
ツアー開催場所が雪不足のため、開催できない場合

2、自然災害による交通マヒの場合
開催場所までの道路が土砂崩れ等の自然災害により、通行不可となった場合






 トップページ |オンライン予約 | お問合せ | アクセス | キャンセル料について

瀬田川ラフティング ウォーターチュービング リバーコンボ
瀬田川ラフティング空席状況 ウォーターチュービング空席状況 リバーコンボ空席状況


ご予約・お問合せは077-533-5112まで☆
株式会社フレンドシップアドベンチャーズ 〒520-0865 滋賀県大津市南郷6丁目1215-6